アリクイと私の共通点・・それはアリ好き (現在、メキシコ・クリアカン市在住)


by mangorico
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

荷造り嫌い・・

明日の12時に、佐川急便さんがうちに来ます。
でっかいスーツケース、成田空港まで送るのは大変なので、宅急便で送るのです。
荷造りのタイムリミットは明日の午前中・・。
一応詰めたけどふた閉まらん。
しかも、必要なものがまだ出てきそうな予感。
よく、「旅行は行くまで(の準備やら)が楽しい」と言いますが、荷造りとか、整理整頓とか大の苦手です。
あ~ダスキン荷造りサービスとかないかなあ。
いや、荷造りなら、引越し屋さんか~。

今日は、小学校時代の恩師と、小学校からの友人と3人でご飯を食べました。
先生はとても厳しかったけど、同じように愛情もいっぱいくれたように思います。
でも、厳しかった記憶が残っているので、今でも会うと背筋がピシッとします。
私は先生によく注意される子でした。
チョーク投げられたり(机に当たるよう狙ってです)、後ろに立たされたり・・当時チョーク投げられる女子は私だけやった。
チョークかあ、懐かしいなあ。
机に当たると、カッと音がしてチョークの跡が残るんだよなあ。
で、その周りの子が落ちたチョークを拾って先生に返す。
そういえば、何でそんなに注意されたんやろうと思い出していると、先生が、「mangoは授業中でも全然違うことを考えてる子やった」と。
学級文庫の本棚の真横の席の時に、授業中、本のタイトルを眺めていたらチョークが飛んできたのは覚えています。
「そうそう、目の前に手をかざして振っても気ぃつかんくらいやったで」と友人。
たしかに、今現在、何かを見た拍子にそこから派生してどんどん別のことを考えていってしまうことが、よくあります。
でもその傾向が小学校時代から始まっていたとは!
当時の自分は、何かを考えている自覚はなくて、ただよそ見しているくらいのもんだったんですが、先生は私の性格をよく見抜いていたなあと驚きました。

大好きなみんぱく(国立民族学博物館)ですが、初めて行ったのは小学校の修学旅行。
見学し終えたあと先生は私に、「mango、こんなん好きやろ」と言いました。
当時はガッツリ好きになったわけじゃなかったんだけど、その言葉は予言のように残っています。
先生、本当にお見通しですね。

さあ、気合を入れて荷造り再開。
出発までもうすぐだ~。
[PR]
by mangorico | 2005-08-04 23:59 | メキシコ出発まで