アリクイと私の共通点・・それはアリ好き (現在、メキシコ・クリアカン市在住)


by mangorico
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

旅に出ます

あと40分後に出るバスに乗って(ギリギリ!!)、旅に出ます。
モレーリアの友達をクリスマス前に訪ねて、その後メキシコシティに行きます。
23日に妹が、26日にはmissyがやってくるのです。
一緒にシティやグアナファトなどを巡ります。
インターネットカフェを利用して時々更新していこうと思うので、時々のぞいてくださいね。

あと、このページが手狭になったので、別のページを作りました。
このページの右側にある、エキサイトブログ欄の「アリクイ通信2」をクリックしてください。
新しいページに飛びます。
これからはアリクイ2のほうに書いていくので、そちらを見て下さいね。

では!
e0025342_11264268.jpg

[PR]
by mangorico | 2005-12-19 11:14 | クリアカン

初登場

e0025342_15244029.jpg

彼が、噂のcachora(カチョラ)くんです。
あぁ、オスかメスかは不明ですが・・。
今まで、クリアカンでよく見かけるトカゲとして紹介してきましたが、この姿を見ているとひょっとしたらトカゲじゃないかも・・。
ヤモリとかイモリの類かもしれません。
このカチョラという名前はこの辺りでしか使われてなくて、辞書にものっていません。
今日は間近で見れてよかったのですが・・・どうやらかなり弱っている様子。
普通は、疾風のように現れて疾風のように去っていく(by 月光仮面・・・知らんか^^;)のですが、今日は私が指でつついても、いつもの10分の1くらいのスピードでしか動きません。
色も、普通はもう少しピンクっぽいとか。
寒くなっても、元気よくキョッキョッキョッキョ・・と鳴いているカチョラたち。
こんな小さな体から、あんな大きな声が出るなんてすごい。
生態をもっと知りたいものです。
[PR]
by mangorico | 2005-12-18 15:23 | クリアカン

結婚式

今日は、結婚式に行ってきました。
ディフォクルのダンスの先生同士が結婚することになったのです。
なんでも、ディフォクルでダンスを習い始めたのがきっかけで知り合い、付き合って約10年目だとか。
とてもとても幸せそうな二人でした。
e0025342_1621260.jpg

さて、メキシコの結婚式ですが、まず教会でミサを行います。
今回は、ブログにもよく登場するロミータでのミサでした。
ミサは、日本の結婚式にあたります。
しかし、日本の結婚式場で挙げる結婚式よりも長く(約1時間)、誓いの言葉や指輪交換、コーラスだけでなく、夫婦に向けた神様の言葉を神父が読み上げます。

とても、厳かな雰囲気のミサでした。
日本の西洋式の結婚式と違って、自分たちが信じる神様の前で誓うのです。
キリスト教式を真似た日本の結婚式が、とても嘘っぽく感じられました。
私は、”日本人の宗教心の薄さ”を批判するつもりはありません。
日本人は神様を信じないわけではなく、どんな神様でも信じられる(受け入れられる)のだと思っています。
すでに、お正月は神社に行き(神道)、節分や節句の行事を行い(陰陽道)、お盆や葬式は仏式(仏教)という混ぜこぜの状態で、ほとんどの日本人は暮らしています。
私は、その「神様がたくさんいる」という思想が好きです。
ただ、結婚式において、神様に誓うという重みが、日本とメキシコでは違うように感じました。
(もちろん、一つの信仰を持っている人もいるので、日本人すべてという意味ではありません)

さて、思いっきり見逃したのですが、花嫁はロミータに続く階段を昇り、入場したそうです。
さらに見逃したのですが、ミサの後、新郎新婦は白馬が率いる馬車に乗り、クリアカン中を回ったそうです。
新郎新婦を乗せた車が、クラクションを鳴らしながら町中を走る、というのはよく見るのですが、馬車とはスゴイ!
見逃したのが悔やまれます。

その後、場所を変えて披露宴です。
e0025342_18562940.jpg

パーティは夜の9時からでした。
会場に着くと、バンダ(メキシコ北部の典型的なバンド)がにぎやかに演奏していました。
会場の中心に広いスペースが設けられ、その周りに丸いテーブルとイスが並べられています。
特に席の指定はないらしく、思い思いの場所に座ります。
ほどなく、新郎新婦が入場。
ゆっくりとしたバラードに合わせて、会場の中央で踊り始めます。
e0025342_18594395.jpg

この時は、一同、二人のダンスを見守ります。
その後、新郎新婦の両親が踊りに参加し、中央では3組のカップルが、ペアを変えながら踊ります。
バラードが3曲目になると、親しい友人たちも加わり始め、それぞれ新郎新婦と少しずつ踊っていきます。
ほどなく、料理が運ばれてきました。
まずは腹ごしらえ(^^)
e0025342_1953828.jpg

お皿の手前にあるのは鶏肉にクリームソースをかけたもの。
右側はジャガイモのピューレ。左側はサラダ。
それと、ほんのり甘いパンが添えてありました。
メキシコでは夕食は軽めなのが普通です。
料理でお腹が満たされて、ビールやテキーラでゴキゲンになった頃に、ダンスタイムが始まりました。
新郎新婦を囲んで、みんなでにぎやかにおどります。
サルサやクンビアといった、ラテンの音楽が中心でした。
e0025342_19104552.jpg

シェイカーや風船、トナカイの角の飾り、銀色のフラ(首にかけるもの)、オモチャのネクタイなどのパーティグッズが配られ、みんなおめかししてるんだけど、ふざけているような格好に・・。
真面目なダンスパーティなんかだったら恥ずかしくて踊れないのですが、もう何でもアリみたいな雰囲気で楽しくなってきました。
輪になって踊ったり、ペアで踊る人もいたり。

少しすると、女性たちを集めて、新婦からブーケが投げられました。
受け取ると次に結婚すると言われるブーケ。
私もはりきって参加したのですが、かすりもせず・・。(というわけで、お母さんまだまだかかりそうです☆)
なんと、友人のイサベルがゲットしました。
その後、今度は男性陣を集めて、新婦の足につけられていたガーターを投げました。
それを取ったのは、先日一緒にランチョ(いなか)に行った、イサベルの友人フレッド。
おおーと思っていると、その二人が中央で踊り始めました。
ブーケとガーターを取った二人が、ペアになって踊る習慣だそうです。
あー・・ブーケうっかり取らなくてよかったあ。

その後、夜中の2時までパーティは続きました。
少し休憩しながらも、みんな踊り続けています。
私もたくさん踊って、笑って、とても楽しいパーティでした。
パーティが終わって帰ろうとすると、別の友達が、「パーティは終わりじゃないよ。今から新郎の家に集まってパーティだよ」と一言。
イサベルとフレッドたちは、元気よく次の会場へと出かけていきました。
ああ、きっと朝まで続くんだろうなあ。
メキシコ人のタフさには、脱帽です。
[PR]
by mangorico | 2005-12-17 16:02 | クリアカン

メイド・イン・メヒコ

クリスマスといえば・・

降り積もる雪、暖炉の周りに集まった家族の笑い声、モミの木。
テーブルには、湯気のたちのぼる七面鳥の丸焼き。
そして、窓辺に置かれたポインセチア。

こんなイメージを浮かべませんか?
こんな冬の定番の風景の中に、灼熱の国(これは言いすぎですが)メキシコ原産のものがあります。
七面鳥とポインセチアです。
ちょっとビックリしませんか?
(ただし、メキシコだけではなく、メキシコを中心とした北アメリカに広く分布していたようです)

16世紀にスペイン人がメキシコにやって来た時に、家々の庭で食用として飼われていた七面鳥を見つけ、それを本国に持ち帰ったそうです。
しかし、それがどうやってクリスマスの定番となっていったのかは不明・・。
もともとの名前は、Huexolotl(ウエショロトル)と言うそうです。
hueは大きな、偉大な、という意味。
xolotlは、先スペイン期の重要な神・Quetzalcoatl(ケツァルコアトル)の双子の名前で、「稲妻の神」、「霊魂を冥界に導く神」、「火の神」、「不運の神」といった意味づけがされています。
また、xolotlは犬という意味も持っていて、絵画などに描かれるショロトル神は、「犬の頭を持った男」や「骸骨」の姿をしているそうです。
しかし、なぜ七面鳥がそのような名前で呼ばれたかは、色々調べたのですがわかりませんでした。
メキシコの神話の世界はなかなか複雑で、難しいです。
しかし、そこに登場する神々は不完全で、時に醜い姿をしていたり、また人間くさかったりして面白いです。
またショロトルに出会うことがあればお知らせします。

さて、鳥の七面鳥にもどりますが・・、
メキシコでは、七面鳥(pavo・パボという)の肉は一般的です。
全く気づかなかったのですが、普段食べていた薄切りのハムも、七面鳥のものでした。
日本では一度も食べたことのない七面鳥。
クリスマスには、この七面鳥の中に香辛料や果物を詰めて丸焼きにするそうです。
是非食べてみたい!!
ちょっと七面鳥に興味が出て調べてみると、なんと七面鳥の原種は2種類あるらしい。
ひとつは、よく知られている姿のもの。
これは、カナダ南部からアメリカ合衆国に広く分布しているそうです。
家畜ではなく野生の鳥で、狩りの対象になっていたそうです。
e0025342_20475031.jpg

もうひとつは、メキシコのユカタン半島、ベリーズ、グアテマラの亜熱帯の低地に生息する、色鮮やかな種。
こちらが、食用として飼われていた種だそうです。
e0025342_20425489.jpg

現在食べられている七面鳥はこれらの原種ではなく、食用として改良されたもの。
必要ないとばかりに、鮮やかな羽は奪われて真っ白です。
e0025342_2043936.jpg

ポインセチアは、もともとはCuetlaxochitl(クエトラショチトル)と言います。
これは、「すぐにしおれてしまう花」という意味だそうです。

七面鳥もポインセチアも、クリスマスには欠かせないものですが、キリスト教が布教されるずっと昔から、別の名で呼ばれ親しまれていたのです。
現在とは異なる意味づけがされていたと思うと、とても面白いです。

※今回の情報の元は、クリアカンの市民劇場にて行われていたクリスマスについての展示と、ウィキペディアというインターネット上の百科事典です。
[PR]
by mangorico | 2005-12-16 20:41 | メキシコ雑学

グアダルーペの日

今日は、聖母グアダルーペの日。
グアダルーペは、メキシコの人々にとってとても大切な存在です。(8/13のブログ参照)
メキシコでは日本よりも祝日が少ないのですが(その分、クリスマス休暇などの長期休暇が多い)、今日はミサに行く人が多いため、学校やオフィスもお休みです。
※後日談:一日休みだと思って学校に行かなかったら、午前中は授業があったそう・・。
クリアカンにはロミータという教会があり、これは聖母グアダルーペのための教会です。
前日からバンドや屋台が出てにぎわっているというので、エドと一緒に行ってみました。

ロミータは小さな丘の上にあります。
教会に向かうゆるやかな坂道には、屋台の灯りがともり、大勢の人のざわめきが聞こえてきます。
e0025342_7221816.jpg

ゆでとうもろこし(エスキーテス)、とうもろこしで作った甘いホットドリンク(アトレ)、ソーセージ、チュロス、ホットケーキ、ホットドッグ、ハンバーガー、タコスなどの食べ物屋台。
聖母グアダルーペの像やポスター、絵を売るお店。
アクセサリーなどの雑貨屋さん。
サッカーゲームやバスケットボールゲームなどの遊戯屋さん(カップルのうちの男性が、彼女にかっこいいところを見せようとして挑戦。しかしうまくいかず失敗することが多い・・きっと、うまくいかないようなしかけがしているんだよ byエド)。
そして、出張写真館。
e0025342_722375.jpg

グアダルーペのイラストをバックに家族やカップルでパチリ。
中には、写真のような馬の乗り物や、本物のポニーを連れてきているお店も。
今日は子どもたちは(もちろん大人もOK)、グアダルーペなどの刺繍を施した民族衣装を着て出かけます。
これは、最初に聖母グアダルーペに出会い、教会を建てるようにとのお告げを受けた先住民、フアン・ディエゴにちなんでいるとか。
せっかく子どもたちがかわいい格好をしているんだから、写真を撮ろうというお父さんお母さんのおかげで、写真館やポニーは人気です。
かわいかったので、私も一枚撮らせてもらいました。
e0025342_72923100.jpg

坂道を登りきって教会に着くと、教会もその前の小さな広場も、人でぎっしりと埋まっていました。
バンドが演奏していますが、人の波に埋もれてしまって見えません。
教会に入るのはあきらめて、もと来た坂道を引き返しました。

人々のざわめき、写真館の呼び込む声、食べ物のおいしそうな匂い、そして、屋台の裸電球がゆれています。
押し合いへし合いしながら歩いていると、エドが、「この電気、誰も払わないんだよねー。」と言います。
「え?みんな、バッテリーを持ち込んで電気をつけているんじゃないの?」と聞くと、少し先にある街灯を指差して答えました。
「あの街灯から、勝手に電気を引いているんだよ。」
よく見ると、街灯からは電気のコードらしきものが出ていて、それが道の上を無造作に走り、各屋台につながっています。
そんなことができるんだなあーと感心していると、突然、ある一角の電気が消えました。
誰かがコードを引っ張ったか切ってしまったよう・・・。
一瞬みな驚いたようすでしたが、また何事もなかったかのように、たくましく物を売り込んでいます。
20分ほどで、電気は戻りました。

ロミータに来るまで、グアダルーペの日はもっとまじめな、宗教的な日だと思っていました。
もちろん、真剣にロミータの中で祈る人も、他の教会のミサに行く人も、静かに過ごす人もたくさんいます。
しかし、屋台のにぎわいを見ていると、ちょっと非日常的な、楽しいお祭りの日なんだなあと感じました。
日本のお祭りだって、当たり前すぎて忘れていたけど、基本は宗教的なものです。
人が大勢集まるとなれば、食べ物も飲み物も必要だし、お守りなんかを売る店も登場するだろうし、わいわい楽しくなってくると財布のひもも緩んで、何か買っちゃおうという気分になるでしょう。
祭りに行く人々の需要と、売り手側の「祭りに乗じて売り込もう」という供給があって、この屋台は成り立っているんだなあ。
そんな、祭りの起こりを想像する一日でした。
[PR]
by mangorico | 2005-12-12 06:23 | クリアカン

メキシコのクリスマス

日本でクリスマスに飾られるものといえば、大きなモミの木かサンタクロース、雪だるまなどの人形くらいです。
しかし、ここメキシコではそれ以外に、とても大切な飾り付けがあります。
nacimiento(ナシミエント)と呼ばれる、キリスト生誕の場面を表した人形です。
クリスマスって何の日だっけ、と思っているみなさん、クリスマス(25日)はキリストが生まれた日ですよ。
私も言われて、改めてそうだったなあと気づきました。
カトリック教徒がほとんどのメキシコでは、みな、本当にキリストの誕生を祝っています。
さて、12月になると、州庁舎や市役所、学校、教会などでは、このナシミエントを飾り始めます。
↓サボテンが生えた、ちょっとメキシコ風ナシミエント
e0025342_981360.jpg

↓馬小屋で産まれたキリストと、そのお父さんヨセフ、お母さんマリア
e0025342_9151338.jpg

↓同じく、キリスト生誕の場面
e0025342_9155795.jpg

↓キリストの誕生を知ってかけつけた三賢人
e0025342_9215823.jpg

このナシミエントは、机の上に飾れるような小さいものもあります。
メキシコ各地に、その土地のスタイルで作ったナシミエントの民芸品もあるようで(10/14のブログでウイチョールのものを紹介)、集めたい気分になってきました。
[PR]
by mangorico | 2005-12-11 08:54 | メキシコ雑学

和食パーティ

私が通う語学学校には、スペイン語や英語以外にも、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語などがあります。
近所の友達エドも、その日本語クラスで勉強しています。
今日は、その日本語クラスの友達と和食を作ろうということになり、私とロータリークラブの留学生Aちゃんを誘ってくれました。
メニューはカレー。
私が日本から持ってきた「こくまろ・中辛」で作ります。
朝11時に買出しでスーパーに集まると(もちろん、全員時間通りには集まらない。そういう私たちも15分遅刻♪)、言いだしっぺのレニーが、「今日はスキヤキも作るぞ!」と言うのです。
どこかで、スキヤキはうまいと聞いてきたとか。
しかししかし、材料はどうするの?
スーパーをぐるりと回っても、白菜・・ナシ、白ねぎ・・ナシ、しいたけ・・ナシ、豆腐・こんにゃくはもちろんナシ!
お肉も薄切り肉は売ってないし、ああ~みりんもナイじゃん!!
「もしおいしくなくても、私たちの腕のせいじゃないからね~」と断っておいて、買い物再開。
それらしい食材として、もやし、玉ねぎ付きの青ねぎ、サニーレタス、若干薄めの肉を買いました。(しょうゆはどこでも売っています)
にんじんも入れようと言って聞かなかったのですが、にんじんは味が染み込まなさそうだし、やめました。
そうそう、クリアカンには、オリエンタルフードという、和食と中華料理の食材を売っているお店があります。
なんと、私の家の近くです。
そこで日本のお米や豆腐も売っているというので、行ってみました。
日本のポッキーやカッパエビせん、ラーメン、うどん、そば、うなぎのたれ、カルピス、のりetc、懐かしい食材に思わず声をあげてしまいました。
その店で、豆腐(牛乳パックのような容器にはいっていた)としいたけ、お米、福神漬けを購入。
みりんは大きなボトルに入っていたのでやめました。
さあ、おいしくできるかな・・・。

今日は15人くらい集まりました。
みんなで野菜を切って、味付けは私とAちゃんで。
完成品がこちら↓カレーです。福神漬けも好評。
e0025342_4385319.jpg

↓それから、スキヤキ
e0025342_4395365.jpg

みりんがないのでちょっとコクがなかったけど・・でもおいしかった!
日本から持ってきたほんだしを少し入れました。
白いごはんを添えて食べながら、スキヤキに卵を落として軽く炊いたらスキヤキ丼・・美味しそう・・なんて考えていました。
カレーもスキヤキも好評で良かったです。

最後はピニャタ割りをして遊びました。
e0025342_4424736.jpg

今日のピニャタは星型。
クリスマスシーズンの定番です。
人形と違って遠慮なく叩けていいわ~。
[PR]
by mangorico | 2005-12-10 04:19 | クリアカン

突然パレード

ダンスが終わって、カテドラル前からバスに乗ろうとしていると、なんだか様子が違う。
おまわりさんが目抜き通りのオブレゴン通りを封鎖していて、さらに人だかりができています。
何?事件?事故?
かと思って、近くにいたおばさんに聞いてみると、「パレードがあるのよ」との事。
と、向こうのほうから音楽とともに何かが近付いてきます。
あ!コカコーラ!
e0025342_455341.jpg

e0025342_5479.jpg

コカコーラ社は、クリスマス前にいつもパレードをするとか。
7~8台くらいのフロート(パレードの車)にはシロクマやダンサーたちが乗り込み、私たちの目の前でしばし止まってダンスをしてくれました。
飛び散る紙ふぶきにシャボン玉。
は~~~~さすがコカコーラ。
金あるな~~~~~。
クリスマスの大量消費をたのんでの一大アピールです。
そういえば、メキシコはコーラの消費量世界一というのを聞いたことがあります。
真偽のほどは確認していませんが、確実に日本よりも日常的に飲まれています。
ああ、コーラといえば、日本に来てたメキシコ人留学生フェルナンドは、コーラ茶漬けを食べていたなあ。
それくらい、コーラはメキシコ人の日常に溶け込んでいます。
私のステイしている家の家族はペプシが好きなようですが、メキシコではコカコーラのほうが人気。
ペプシ社はクリスマスに向けて「白いペプシ(白っていうか透明)」を発売しましたが、今年もやっぱりコカコーラの勝ちかしら。
どちらにしても私はコーラを含め炭酸飲料が嫌いです。
メキシコでは時々、炭酸飲料しか置いていない店があって、そんな時は少し苦労します。
炭酸が舌や喉に痛いと思うのですが・・ああ誰も同感とは言ってくれないのよねえ。

パレードは15分くらいのものでしたが、その間オブレゴン通りは通行止め。
当然バスも来ません。
あー・・約束があるのに遅れるー。
まあいっか、メキシコだし♪
[PR]
by mangorico | 2005-12-08 04:51 | クリアカン

チャウチャウ親子

ロスモチスでは、Iさんの生徒さんの家に泊めてもらいました。
その家には、チャウチャウという中国原産の犬が6匹も!
↓最近産まれた3匹の子犬の内の一匹
e0025342_4104379.jpg

↓そのお兄さん
e0025342_41182.jpg

↓そしてそのお母さん
e0025342_4115932.jpg

お父さんは咬むクセがあるそうで登場させてもらえませんでした。

しかし、チャウチャウという犬を初めて見ました。
かわいいなあ~。
チャウチャウといえば・・
「ちゃうちゃうちゃうんちゃう?」「ちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうで!」
という昔流行った言葉遊びくらいしか思いつきませんでした。
あ、意味わかりましたか?
→「チャウチャウちゃうんんちゃう?」「ちゃうちゃう、チャウチャウちゃうで!」
標準語に直すと→「チャウチャウじゃないんじゃない?」「違う違う、チャウチャウじゃないよ!」
関西弁では、「違う」を「ちゃう」と言うんですねー。
あーくだらない。
[PR]
by mangorico | 2005-12-04 04:08 | メキシコの旅

ロスモチスの和食屋さん

ロスモチスという町にやってきました。
Iさんが教える日本語クラスの生徒さんと一緒に、「本格的な和食屋さん」に行くのです。
昨日のブログに書いたように、頑固おやじのいる店かなーと思っていたのですが、やっぱりそれはかなりの誇張でした(^^;)。
緑茶だけじゃなくて炭酸飲料もあったし、私たちは料理のおともに砂糖入りのジャスミンティー(ここシナロア州全体で大人気!しかし、他の州では売られていない)を飲みました。
お店の名前は伊沢すし。
オーナー兼板前の伊沢さんは日本人です。
日本で生まれましたが、両親の仕事の関係で南米での生活が長かったそうです。
私たちは日本語で会話をしましたが、少しカタコトのような印象を受けました。
和食は、日本の和食店で修行をして覚え、また伯母さんからも日本人好みの味について指導してもらったとか。
メキシコ風和食ではなく、本当の和食を作りたいと思っているそうです。
どうしてもメキシコ人の好みに合わせざるを得ないとは思いますが、ここロスモチスでは少しずつ受け入れられているよう。
一緒にいった生徒さんたちは、ここの料理が大好きです。
曰く、「ロスモチスの人は日頃から魚介類を食べなれているので、刺身などの生魚に抵抗が少ないし、日本の味も好きだ」との事。

今日食べた料理↓
*エビ天寿司・アボガドいりです。表面が黄色っぽいのは、天ぷらの衣をつけて軽く焼いてあるから。クリアカンで食べたお寿司にはお酢は使われてなかったのですが、こちらのお寿司は酢飯でした。
e0025342_7584851.jpg

*天ぷら。天つゆもおいしかった。野菜は、サヤインゲン・ブロッコリー・ズッキーニ・かぼちゃなど。ブロッコリー?!と思ったけど、なかなかいけます。日本のみなさん、お試しあれ。
e0025342_82055.jpg

*マグロの刺身★★★やっと出会えたマグロちゃん!味は・・・冷凍で正直水臭かったんだけど(海っ子の私は刺身にウルサイ。)、久しぶりの刺身に大満足です!
e0025342_883144.jpg

他にも、唐揚げやコロッケ、豆腐サラダ、焼き鳥、鳥の照り焼きを食べました。
焼き魚定食、牛丼などもあって、ちょっぴり日本にいる気分。
料理はそんなに本格的なものじゃなくて家庭料理といった感じですが、日本で普段食べている料理を紹介してくれるお店があってもいいんじゃないかなと思います。
ロスモチスで人気のお店になりますように!
[PR]
by mangorico | 2005-12-03 07:44 | メキシコの旅