アリクイと私の共通点・・それはアリ好き (現在、メキシコ・クリアカン市在住)


by mangorico
カレンダー

<   2005年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

Lomita

小高い丘の上にLomita(ロミータ)と呼ばれる教会が建っており、クリアカンを一望できます。
今日は、JoelたちとLomitaに行ってきました。
階段の数を数えながら(スペイン語で)上ると、教会の入口までちょうど150段でした。
時間は夜の7時半・・といってもまだ夕暮れ時です。
e0025342_425957.jpg

教会の前には展望台があり、涼しい風が吹いています。
周りを見ると、夕暮れを楽しむ家族や、堂々といちゃつくカップル、階段を駆け上がりトレーニングする人など様々。
私たちは景色を楽しんだり、写真を撮りあったりしました。
メキシコでもカメラ付の携帯電話が人気で、携帯のカメラで写真を撮るようすは、日本とおんなじだなあと思いました。
↓左から、Rocio,Joel,Citlali,Tadeo
e0025342_4115117.jpg

その後、展望台の横に屋台が出ているのを見つけて、買い食い。
軽食の屋台で、コーンチップにとうもろこしとクリームとチリソースとチーズをかけたものや、ゆでとうもろこしにクリーム・チリソース・チーズをかけたものなどが売られています。
e0025342_4194639.jpg

とうもろこし、すごく大きくて重い!
そして、何を食べるにもチリソースは必須!
メキシコ料理は、料理自体は辛くはなく、自分の好みでチリソースをかけて辛さを調節できるようになっています。
ちなみに私は、ハマイカという花のジュースだけを飲みました。
夜はあんまりお腹がすかなくて・・。
帰るころには日も沈んで夜景。
とはいえ、日中暑いクリアカン。
涼しい夜を楽しむ人々で、まだまだLomitaはにぎわっています。
e0025342_425916.jpg

[PR]
by mangorico | 2005-08-31 22:55 | クリアカン

メキシコ風・・・

クイズ、これは何でしょう?
e0025342_14374151.jpg

正解はお寿司です。
うーん、寿司という漢字が似合わない・・。
もはやsushiという別の料理です。

メキシコではsushiが大人気。
クリアカンにも、「朝日寿司」や「家族寿司」や「Japan Roll」などといったsushiレストランがたくさんあります。
今日は、Joelくんとその友達たちとsushiを食べに行こうということになりました。
「SUMIKO」という名前のレストラン。
けっこうお客さんがはいっています。
写真は、Joelが注文したsushi。
具は牛肉とフィラデルフィアチーズ。
のりを使わずに巻いて、パン粉をつけて揚げています。
上にかかっているのはとろけるチーズ。
e0025342_1445580.jpg

つけあわせに青トオガラシをかじりながら、上手にお箸で食べています。
sushiは人気がありますが、刺身・のり・酢飯などはNGらしいです。
私はのりで巻いたものを注文したのですが、食べきれなくて「食べてみない?」と聞くと「のりは絶対無理!魚の味がする!」と言われました。
魚の味・・・?

写真の中の黒い液体は醤油です。
テーブルに湯飲みが置いてあったので、「お茶が飲めるんだ!」と思っていると醤油を入れるためでした。
ドッポ~ンとsushiを醤油につけて食べています。

メニューを見ていても、日本語っぽいけど意味をなしていないものとか、漢字っぽいけど漢字でないものとかあるし、料理も日本料理とは言いがたいくらい変わってるけど、その国のものとして変化していくのもまた面白いです。
↓こんなのとか・・。
e0025342_14574595.jpg

そうそう、メニューにMASAGOというのがありました。
マ、マサゴって・・・?!
マサゴは蟹の卵を差すらしいですが、もちろんスペイン語ではなく、日本語を当てたものです。
一体誰が蟹の卵をマサゴと名づけたんでしょうか。
ちょっぴり縁を感じてしまいました。
e0025342_15123713.jpg

※9月14日訂正。マサゴはとびうおの卵との事です
[PR]
by mangorico | 2005-08-30 14:36 | クリアカン

雨が降ると涼しくなる

今日は雨です。
と、いっても一日中降っているわけではなく、午前中はカラリと晴れて暑かったのに、3時頃から急に大雨になりました。
ゴロゴロと雷を伴って土砂降り。
うわー、せっかく洗って干したGパンがずぶぬれにー!
今は雨季にあたり、時々このように大雨が降ったりします。
でも、雨が降った後は猛烈な暑さがやわらぐので、みんな雨を待ち望んでいます。
何気ない会話の中にも、
「あ~ここ何日か雨が降ってないから暑いね」とか、
「きっと今夜は雨が降るから、明日は涼しくなるよ」とか出てきます。
今日は6時頃雨が上がり、「よし!雨上がりの町を見に行こう!」と散歩に出かけたのですが、再び雨に降られました。
でも、今朝なかを横切った小さな川(というか、普段は水の流れていない舗装されたもの)が、水を得てぐんぐん流れてゆく姿はおもしろかったです。
道路にも、いくつもの水たまりや、新しい川が出来ています。
明日はまた晴れ。(暑さはちょっとましかも)
降って、流れて、晴れて、乾いて、また降って・・。
そんな日々をくりかえしながら、短い秋に向かいます。
e0025342_12394351.jpg

分かりづらいけど、雨に濡れるブーゲンビリア
[PR]
by mangorico | 2005-08-29 12:11 | クリアカン

トイレ事情その2

こういうトイレ、よく出くわします。
e0025342_4433897.jpg

これは、大学の中にあったトイレ。
3つ個室があって、私が入ろうとした時2つふさがってました。
と、便座がない。
なので、他の2つに入ろうと待ちました。
用を足した女の子が出てきて、入れ替わりに入るとやっぱり同じ。
しょうがなく、中腰で用を足しました。
ふう。
ちょうど、私が出ると同時に、まだ確認してなかったほうの個室から女の子が出てきたので、のぞいてみました。
私「・・・ここ、全部便座がないんだね・・・」
女の子「ああ、そうね」
私「じゃあ、どうやって用をたしてるの?」
女の子「中腰でよ」
あっさりと言い残して、女の子は去って行きました。

先日JuanManuelさんが、日本に来たとき和式トイレに驚いて(写真も撮ってた)、「こんなトイレで用を足せないよ~!」と言っていましたが、いやいや慣れとはおそろしいものです。
中腰でも用は足せないことはない。
でもやっぱり、中腰になるならふんばり式(和式)の方が楽だと思うのですが・・。
[PR]
by mangorico | 2005-08-28 04:42 | クリアカン

市役所

今日はセントロに証明写真を撮りに行って(ちなみに、明らかにプロじゃないお姉ちゃんが撮ってくれて、撮るたびに顔が小さかったりアップだったりする。4枚で35ペソ)、そのついでに近くにある市役所に寄ってみました。
e0025342_73646.jpg

中央のパティオ(中庭)を中心に、ぐるりと廊下が走っています。
そして、各部屋の扉が廊下に面しています。
役所ってなんとなく、薄暗い廊下を「え~市民課ってどこ~?」とさまよい歩くイメージなのですが(私だけ?)、こちらは対照的に明るく開放的でした。
このようにパティオを中心にした建物は、メキシコのあちこちで見られます。
先日行ってきたシナロア州庁舎もそうでしたし、美術館や博物館、他の州の庁舎もこのような造りのところが多いです。
e0025342_7524550.jpg

廊下には、大きな壁画が飾られていました。
これは、クリアカンの歴史を描いた壁画。
他にも、市役所周辺の景色を描いたものや、幾何学模様のようなものがありました。

メキシコでは、あちらこちらで壮大な壁画を目にします。
文字で書かれたものなら通訳が必要ですが、壁画は見るものの感情に直接訴えてきます。
1920年代から、メキシコではディエゴ・リベラ、オロスコ、シケイロスが中心となり壁画運動が行われました。
これはメキシコ革命(1910~1917)と連動しており、文字が読めない大多数のメキシコ人にも、メキシコの歴史の深さ・すばらしさを認識させ、新しいメキシコを変革していこうと訴えるものでした。
そして、公共の場にこれらの壁画を描くことで、貧しい人でも誰でも見られるようにしてあるのです。

私の通っている大学構内でも、何箇所か壁画を見ることができます。
タダですばらしい作品が見られる。
メキシコの町歩きは楽しいです。
e0025342_93820100.jpg

今日もいい天気。
[PR]
by mangorico | 2005-08-27 07:31 | クリアカン

Los Arcos

今日は、近所にあるシーフードレストランに行きました。
(8月20日のブログ参照。看板の写真があります。)
今年2月に行われた、上富田町の口熊野マラソン大会に参加してくれたJuan Manuelさんと久々に再会。
私と、クリアカン在住の日本人Iさんを誘ってくれました。
e0025342_126574.jpg

カラフルでとっても素敵な内装。
メキシコでは皆、魚よりも肉を食べるのですが、ここクリアカンは海に近いこともあり、美味しいシーフードが食べられます。
↓まずは前菜。これは海老のセビーチェ。セビーチェとは、白身魚や貝などをトマトやトウガラシであわせて、ライムの汁に漬けた料理。下にしいてあるのはトルティージャを揚げたものです。
e0025342_214758.jpg

↓つけあわせとして、トルティージャを三角に切って揚げたもの(ドンタコスの味のないやつ)と、玉ねぎとトウガラシをゆでたものが出てきました。器に入った赤いソースは、お好みで料理にかけます。
e0025342_221569.jpg

↓私が注文した、「クリアカン風海老グラタン」。青トウガラシの風味です。青トウガラシは、そんなに辛くありません。ちょっと酸味を感じます。
e0025342_223887.jpg

↓Iさんが頼んだのは、「海老のマンゴーソースがけ」。私は、「海老にマンゴー?!」と思ったけど美味しかった。中華料理のエビチリにちょっと似ていました。
e0025342_22592.jpg

メキシコ料理は美味しいです。ただ、私は日本でも薄味のほうだったので、とにかくメキシコ料理は味が濃い!そんなに沢山食べられません。
まあ、太らずにすむから丁度いいかも・・。
[PR]
by mangorico | 2005-08-26 18:23 | クリアカン

バス

e0025342_910369.jpg

学校に行くにもセントロ(中心街)に行くにも、バスに乗って出かけます。
私の家の近くにバス乗り場があって便利です。
写真で見ると結構きれいですが、乗ってみると中はかなりオンボロ。
めちゃくちゃ揺れます。
ドアは、気が向かないと閉めません。
内装、運転手の好みによって様々です。
聖母やキリスト(ちょっとロックっぽい)の絵が塗装されているのは共通かも。
たまに、運転手の好みのにぎやかな音楽が流れていてゴキゲンです。
「俺のバス!!」という主張がすごい。
時々、ピザ屋の前に停まってピザを受け取ったり、水のボトルを買ったり、友達が乗りこんできたり(!)します。
そんなメキシコの路線バス、楽しいです。
↓運転手さんはごつくて気性荒め。これはちょっと地味な内装ですが。
e0025342_9171566.jpg

さっき、バス乗り場と書きましたが、バス乗り場の看板がある所はほんのわずか。
地元の人の中で、「なんとなくこの辺」という暗黙のルールがあるみたいです。
で、なんとなくこの辺、というあたりに立っていると・・素通りされました。
乗りたい時は、乗ります!という意思表示をしないと停まってもらえません。
人差し指を立てて手をあげてアピール。
バスから降りる時も、降りるよ~というアピールをしないと降ろしてもらえない。
なにしろ、バス停がないのですから。
と、いうことは時刻表もないのですが、バスの本数が多く5分に1台くらい目当てのバスが通ります。
運賃は、普通のバスが4.2ペソ(40~50円くらい)、冷房完備のバスは5.3ペソ(50~60円)で一律料金。
乗るときに払います。
↓こんな、硬貨を整理するものが。
e0025342_9365176.jpg

お札を出すとお釣りがないと言われることが多いので、つねに小銭を持ち歩いています。
[PR]
by mangorico | 2005-08-25 09:09 | クリアカン

学生生活

私が授業を受けている大学構内です。
e0025342_1231180.jpg

緑が多くて、歩いていると鳥たちのさえずる声がよく聞えます。
そして、なぜかトカゲによく遭遇します。
なかなか素敵なキャンパスです。
一度は大学を卒業して、そして働いていたのに、こうして再び学生に戻れるなんて本当に幸運だなあと思います。
私の時間割は、こんなかんじです。
月曜日から金曜日まで、午前中はスペイン語と英語の授業を1時間ずつ受けます。これは、大学の運営している語学学校で、大学本校とは離れています。
午後は大学に行きます。
火曜日と金曜日に経済学の講義(テーマはメキシコ経済の歴史)を取って、木曜日に歴史学(先スペイン期から現代までの通史)の講義を取ります。
月曜日と水曜日の午後は・・
ひょんなことから、民族舞踊を習いに行くことになりました。
以前和歌山で「南紀熊野体験博」というのがありました。
その時、ここシナロア州の民族舞踊団(コルツィン民族舞踊団)がやってきて踊りを披露してくれました。
その時私は偶然、博覧会のボランティアをしていて、彼らの踊りを見ることができたのです。
それで、今回クリアカンに来たら是非彼らの踊りを見に行こうと思っていました。
で、その舞踊団の本部に行ってみると、そこはアートの学校で誰でも入学できるとの事。
ダンス?無理無理無理無理・・・と断ったのですが、「君にも踊れるよ!大丈夫!」と押し切られ、結果、めでたく入学することになりました。
10歳とかそこらの小さな子どもたちに混じって、小さな大人の私もがんばります。
果たして体力は続くのか・・。

でも、最近あまりにも17歳~?とか、お嬢ちゃん、とか言われるので、もう思い切って私は17歳!と思い込むことにしたのです。
そう!17歳!若いから何でもできるんだ!舞踊だって!
今しかできない貴重な体験。
めいっぱい楽しんでみます。
e0025342_13202926.jpg

アート学校の建物。この中に、デザインや絵画のクラスやダンスのクラスがあります。
すぐそばに劇場や図書館、カフェが併設されていてパーフェクト!
[PR]
by mangorico | 2005-08-24 13:24 | クリアカン
こちらでは、お金持ちの家では、各部屋にトイレとシャワーがついています。
私は今、お客さん用の離れに住まわせてもらっていて、ここにもトイレとシャワーがついています。
e0025342_4443963.jpg

これが、私用のトイレ。
左端にちらっとゴミ箱が写っていますが、これは汚物いれではなく、トイレットペーパーを捨てる為のものです。
メキシコでは、場所によっても異なりますが、ほとんどのトイレにはトイレットペーパーを流せません。
水流が弱いからと聞いたことがあるのですが、トイレットペーパーを流すと詰まってしまいます。
それで、トイレの便器の横には常にでっかいゴミ箱が置いてあります。
ゴミ箱のふたはナシ。
最初、「えぇー!お尻を拭いた紙をゴミ箱に捨てるなんて!!」と思ったのですが、今ではすっかり慣れました。

e0025342_453387.jpg

そしてこれがシャワー。
ほとんどのシャワーは固定です。
うーん、洗いにくい・・。
湯船につかる習慣はなくて、高級ホテルくらいにしかバスタブはありません。
しかも、クリアカンは暑いので今のところ毎日水シャワーです。
これも最初は驚いたけど・・ちゃんとお湯の出る設備はあるので大丈夫♪
[PR]
by mangorico | 2005-08-23 05:48 | クリアカン

メキシコ安全事情

こちらでは、メキシコ人の家庭にホームステイさせてもらっています。
e0025342_3563164.jpg

画面の端から端までが家の敷地です。
メキシコでは、防犯のため、各家々は高い門や塀をはりめぐらしています。(注:メキシコすべてではありません。田舎や、貧しい家ではまた事情も異なると思います)
門のない家でも、扉はかなり頑丈にできています。
もちろん、常に鍵をかけています。
貧富の差が激しいので、お金持ちは常に「狙われる側」であると意識しています。
e0025342_442716.jpg

↑門の内側から見た景色
駐車場に車を停める時でも、キーロックだけでは簡単に盗まれてしまうので、ハンドルを鉄の棒で固定し鍵をかけます。
しかし、ドアミラーだけ持って行かれたりすることもあるそうです。
その他、犯罪といえば、スリ・引ったくり・強盗・誘拐など数々起こっています。
日本にいれば滅多に遭わないことに遭う確率が、ここではグンと高くなります。
メキシコ人自身もこの状況を良しと思っていないし、政府もこの治安の問題を一番の課題にしています。
・・しかし、具体的にどのような策が講じられているかはわかりません。
大きくひらいた貧富の差、高い失業率、また警察組織の腐敗など問題は山積みです。
これらの問題の始まりは、メキシコがスペインの植民地になった時からです。
長い歴史があるだけに、解決は容易ではないでしょう。
自分の力ではどうしようもない問題がたくさんある、お上は何もしてくれない。
だからメキシコ人たちは、自分の家族や友達を大切にし、また助け合い、「今日」という日を楽しんでいます。
私は、メキシコの暗部を見て悲しい気持ちになる一方で、明るく友好的でお祭り好きなメキシコ人が大好きです。
強い日差しが作り出す光と影のように、メキシコには良しも悪しきもすべてが存在しています。

※犯罪に遭う確率は高いですが、だからといってみんなが遭うわけではありません。常に気を配っていれば怖い目に遭うことはないし、私は一度も巻き込まれたことはありません。あんまり心配しないでね。
[PR]
by mangorico | 2005-08-22 10:53 | クリアカン