アリクイと私の共通点・・それはアリ好き (現在、メキシコ・クリアカン市在住)


by mangorico
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:メキシコシティ( 6 )

グアダルーペ寺院に行ってきました。
e0025342_1534991.jpg

この寺院は新しいもの(1976年)で、その横に1709年建設の旧寺院があります。
地盤沈下で傾いてきたため、新しい寺院を建てたそうです。
↓旧寺院
e0025342_2179.jpg

聖母グアダルーペは、メキシコだけでなく「ラテンアメリカの聖母」と呼ばれ広く信仰されています。
自分たちと同じ褐色の肌を持つ聖母は、神々しいだけの存在ではなく、身近なお母さんのようなものなのかもしれません。
↓寺院の内部。ラテンアメリカ各国の国旗が並ぶ
e0025342_295334.jpg

この聖母には伝説があります。
1531年12月9日、テペヤックの丘を行くひとりの先住民フアン・ディエゴの前に、褐色の肌をした聖母が現れ、この地に教会を建てるように言いました。
ディエゴはすぐにスペイン人司祭のもとに行きこのことを伝えましたが、信じてもらえませんでした。
落胆するディエゴの前に聖母は再び現れ、12月には咲くはずのないバラの花束を出し、これを証拠の品として持っていくようにとディエゴに伝えました。
ディエゴは、自分の着ていたマントにそのバラを包み、司祭のもとに急ぎました。
そして、司祭や神父たちが見守る中そのマントを広げると、まばゆい光とともに褐色の聖母の姿がマントに浮かび上がったそうです。
↓ちょっとわかりづらいけど、これが例のマント
e0025342_2201027.jpg

スペイン人神父たちはこの聖母をグアダルーペと呼びましたが、先住民たちの間ではトナンツィンと呼ばれました。
トナンツィンとは、アステカの宗教の中に現れる女神で、「神々の母」という意味です。
また、聖母が現れたテペヤックの丘は、昔トナンツィンの神殿があったと言われています。
先住民たちは、自分たちの宗教と、新しくやってきたカトリックを重ねあわせました。
「あぁ!聖母というのは、トナンツィンの別の姿なんだ!」と。
12月12日はグアダルーペ聖母の大祭で、ラテンアメリカ全土から巡礼者が集まるのですが、室内ではカトリックのミサが行われる一方、屋外ではたくさんのグループがアステカ時代の衣装をまとい、アステカの舞踊を舞うそうです。
このような、カトリックと土着の宗教との融合は数々あります。
そのほとんどは、異教・邪教として弾圧を受けるのですが、この聖母だけは公的に認められ(先代のローマ法王も訪れました)、ラテンアメリカの人々すべてに愛されています。

今日は土曜日ですがミサが行われていました。
真剣に何かを祈る人々。
寺院の外には、たくさんの露天が並び、また教会を訪れる人の慈悲にすがろうとする貧しい人々もいました。
私はカトリックではありませんが、この褐色の聖母に、メキシコのすべての人が幸せになれるよう、祈らずにはいられませんでした。
[PR]
by mangorico | 2005-08-13 10:46 | メキシコシティ

続・お疲れ

まずはこちらの写真をご覧下さい。
e0025342_1116230.jpg

メキシコ料理によく使われるチレ ベルデ(緑色の唐辛子)でございます。

さて、あいかわらず体調はよくありません。
今朝トイレに行って用を足すと、う○こが緑色でした。
それはそれは鮮やかな。
汚い話で大変恐縮なのですが、紙に緑色の液体がついているのを見たときはショックでした。(ちょっとゆるめのう○こだったので・・)
地球外生物を産んでしまったような気持ちになり、慌てて留学生仲間に聞くと、「あ、私も出たよ~」という返事が返ってきました。
それが普通なのかどうかはわかりませんが、仲間がいたので少しほっとしました。
原因は確実にヤツです。
チレ ベルデ。
日本食仕様の胃が、どう消化すればいいのか分からなかったのでしょうか。
何か変な病気でないことを祈るばかりです。

※後日談。その後は、緑色のものが出ることもなく元気にしております。
[PR]
by mangorico | 2005-08-11 11:14 | メキシコシティ

ちょっとお疲れ

メキシコは夏・・と思っていたら、メキシコシティはすでに秋のような気候。
湿気はなくカラリとしています。
昼間は温度も上がるのですが、朝晩ははっきり言って寒い!
上着といえば、長袖の薄いシャツ一枚しか持ってきてなかった私。
毎日そのシャツを着倒しました。
メキシコ人の服装を見てみても、半そでTシャツのおじさんから、タートルネックのセーターを着たお姉さんまでいてバラバラ。
みんな、自分の体温に合った服を着ているようです。

メキシコシティに着いて3日目ですが、なかなか時差ぼけが直らず眠いです。
しかもメキシコシティは高度2000mくらいの高地で、階段をのぼったりするとすぐに息切れがします。
寒さと疲れとで、ちょっとぐったり・・。
e0025342_111116100.jpg

疲れながらも、ちょっとホテルの周りを散策。
パーティー用のケーキが並んでいます。
食べられるのかなあ?
食べられても確実に激甘です。
e0025342_11114381.jpg

↑たぶん、独立記念日を祝うケーキ。食欲はわかない・・。
[PR]
by mangorico | 2005-08-10 10:57 | メキシコシティ

MEXICO!!

Mexico ni tukimashita!!
nihongo utemasen...
mexico city ha suzusikute bikkuri.
nagasodeno shatuwo kiteimasu.
komattakotomonaku bujidesuyo.
mata report simasu.
[PR]
by mangorico | 2005-08-10 06:20 | メキシコシティ

到着

e0025342_1025974.jpg

メキシコシティ滞在中、泊まったホテル。
留学生は2人づつペアで部屋をもらっています。
同室のSさんは、サッカーの国際審判。
女性の審判がいたことにびっくり。
これからメキシコシティに滞在して、スペイン語の勉強とサッカーでの交流をしていくそうです。
[PR]
by mangorico | 2005-08-09 09:55 | メキシコシティ

雲の上

e0025342_9534344.jpg

乗り物嫌い~じっとしてるの嫌い~肩こった~足だるい~
[PR]
by mangorico | 2005-08-08 09:52 | メキシコシティ